SBI生命で自動車保険の見積もりを取ると『SBI損保』の自動車保険を紹介されます。

その社名から見てもわかるとおり、どちらも「SBIグループ」の同系列の会社であり、SBI生命で自動車保険の見積もりを取ると、そのまま加入までの手続きを行うことも出来ます。

 

SBI生命から自動車保険の見積もりを取る方法

SBI生命の代理店、或いはオペレーターに「自動車保険」に関する問い合わせを行うと、グループ会社である『SBI損保の自動車保険』の見積もりをもらうことが出来ます。

 

同グループである「SBI損保」は「価格.com」の自動車保険ランキング2018で顧客満足度1位を獲得した《お客様目線の自動車保険》です。

 

多くのお客様からSBI損保の自動車保険が高く評価されている理由は以下の3つにあります。

SBI損保の自動車保険の特徴

  1. ダイレクト自動車保険ならではの納得の保険料
  2. 業界最高レベルの安心・安全のロードサービス
  3. 24時間365日の事故受付

 

SBI損保はダイレクト(通販)型自動車保険として保険料が安く、インターネットから直接申込みを行うと、通常よりも1万円以上も保険料が安くなります。

 

しかし、SBI損保の自動車保険はダイレクト型ならではの保険料の安さだけが人気ではありません。

 

やはり気になるのは“万が一”の事故対応。

SBI損保の自動車保険は業界最高レベルのロードサービスを実施しているだけでなく、24時間365日いつでも事故受付が可能です。

 

このように「納得の保険料」と「手厚いサポート」があるからこそSBI損保は顧客満足度ナンバーワンを獲得出来たのです!

SBI生命で自動車保険の見積もりを取る際の注意点

  1. 代理店、オペレーターに対して自分の意見をハッキリ言う
  2. 特約・保障・サービスも含めて複数の自動車保険と比較する

 

1.代理店、オペレーターに対して自分の意見をハッキリ言う

SBI生命から自動車保険の見積もりを取る際に、オペレーターの言うがままにしていると、いつの間にか「SBI損保の自動車保険に加入しても良いか~」という気持ちになってしまいますが、アナタにとって本当にぴったりな自動車保険は他にあるかもしれません。

 

まずSBI生命を取り扱う代理店やオペレーターに対して「見積もりだけ」「加入に関する問い合わせをしたい」など、自分が何を欲しているのかをハッキリ告げるようにしましょう。

2.特約・補償・サービスも含めて複数の自動車保険と比較する

SBI損保の自動車保険は「代理店型(東京海上日動、三井住友海上など)」に比べると、ダイレクト型であるため各種費用が削減されており、その分保険料が安くなっています。

 

しかし、自動車保険は保険料だけで選ぶものではありません。

 

アナタのライフスタイルに合わせて、本当に安心できる自動車保険を選ぶのが失敗しないためのポイントです。
保険料だけでなく、特約や補償、ロードサービスなども含めて、しっかり他の保険と比較してください。

自動車保険はしっかり比較を!

SBI生命から見積もりを取ることが出来る『SBI損保の自動車保険』は保険料が安く、業界最高レベルのロードサービスを誇りますが、アナタにとって1番の自動車保険とは限りません。

自分にとってぴったりの自動車保険を見つけるためにも、複数の自動車保険を比較することは必須!

 

先にも紹介したように保険料以外にも、比較すべき項目はたくさんあります。
またSBI損保の自動車保険はダイレクト型であり、代理店型に比べると保険料も安いですが、ダイレクト型自動車保険は他にもあります。

 

「特に自動車保険に対してこだわりがない」という方は、保険料だけでも、自動車保険を比較することをオススメします。