第一生命は直接自動車保険の販売は行っていませんが、損害保険の代理店として「損保ジャパン日本興亜」の『THEクルマの保険』を紹介される場合があります。

 

第一生命――第一生命保険株式会社は、日本生命の社医の矢野恒太が創立した相互会社としては、日本ではじめての保険会社です。

日本でも有数の古株会社でありながら『サラリーマン川柳』など、ユニークな企画で保険業界を盛り上げています。

第一生命は、基本的には生命保険会社であるため、病気・ケガに関しては手厚い補償が期待できますが、直接自社で自動車保険を販売しているワケではありません……。

 

そんな第一生命から、自動車保険の見積もりを取ることは出来るのでしょうか?
実は“ある方法”を用いることで、第一生命から自動車保険の見積もりを取ることが可能です!

第一生命から「自動車保険」の見積もりを取る方法

第一生命は先にも触れたとおり、直接自動車保険を保険商品として販売しているので、「第一生命自動車保険」に加入することは出来ません。

 

しかし、第一生命はて「損保ジャパン日本興亜」と業務提携を行っており、第一生命の保険担当者に相談することで、「損保ジャパン日本興亜」が販売している自動車保険『THEクルマの保険』を紹介されることがあります。

Q.第一生命で自動車保険の見積もりを取るには?

A.第一生命の担当者に相談する

第一生命から紹介される自動車保険『THEクルマの保険』とは?

第一生命と業務提携を行っている「損保ジャパン日本興亜」の自動車保険商である『THEクルマの保険』は「先進のサービス」「万全の事故対応」「充実の補償」という3つの特徴を併せ持つ人気の自動車保険です。

▼THEクルマの保険 3つの特徴

 

  1. 先進のサービス……アプリ、ドライブレコーダーを使った独自のサービス
  2. 万全の事故・故障対応……24時間365日、すべてのご契約でロードアシスタンス利用可能
  3. 充実の補償……対人、対物、人身、障害の4つの基本補償

 

損保ジャパンの自動車保険は、事故・故障の対応や基本補償が充実しており、「安心」「安全」の面では、他社の自動車保険と引けを取りません。

 

そして、『THEクルマの保険』は近年の自動車保険としても珍しい「アプリ」「ドライブレコーダー」を使ったカーライフサポートが充実しています!

 

『THEクルマの保険』では無料で使えるカーナビアプリ『ポータブルスマイリングロード』を配信しており、安全運転診断機能付のカーナビアプリを利用し、アプリによって「安全運転」と診断された場合は《安全運転割引》の適用となり、保険料が安くなります。
(国内初の試みです!)

またアプリとは別に月額850円で、ドライブレコーダーを利用した安全運転支援システムの利用も可能。

 

まさに損保ジャパンの『THEクルマの保険』は事故の前も、事故後も安心・安全の自動車保険と言えるでしょう。

第一生命から「自動車保険」の見積もりを取る時の3つの注意点

  • 会うのが面倒なときは「電話」か「郵送」をお願いする
  • 自動車保険の加入時に必要な情報は事前に準備
  • 『THEクルマの保険』は選択肢の1つであることを忘れない

 

第一生命から自動車保険の見積もりを依頼する際には、3つの点に注意してください。

1.会うのが面倒なときは「電話」か「郵送」をお願いする

第一生命に担当者や営業マンに、自動車保険を紹介してもらいたい。

直接会うのがイチバンかも知れませんが、時間がない、なんだか上手く丸め込まれそう……という方は事前にそのウマを第一生命の担当者・営業マンに伝えておいてください!

事前に「電話」か「郵送」など、こちらの都合を伝えておけば、アナタが望む通りの方法で自動車保険の見積もりを取ってくれます。

2.自動車保険の加入時に必要な情報は事前に準備

第一生命では、直接自動車保険を取り扱っていないものの“代理店”として、自動車保険の販売が出来るため、担当者・営業マンは自動車保険に関してもプロフェッショナルとして回答してくれます。

 

気軽な気持ちで「第一生命さんに自動車保険を紹介して欲しくって~」と伝えるのも1つの手かもしれませんが、どうせなら面倒な手間を減らしましょう。
自動車保険の加入時に必要な情報を事前に準備し、担当者などに相談する際に具体的な保険内容までつめて話せるようにしておくと○。

3.『THEクルマの保険』は選択肢の1つであることを忘れない

第一生命の担当者・営業マンから紹介される自動車保険はおそらく『THEクルマの保険』だけでしょう。

 

しかし、自動車保険の選択肢は1つではありません。
アナタが選べる自動車保険の数は多いし、補償内容や特約、料金プランなども含めれば自動車保険の選択肢は無数にあります。

 

第一生命の担当者・営業マンは売上ノルマのために「この自動車保険が良いですよ~」と熱心に伝えてくることでしょう。

 

でも、できれば他の自動車保険についても、もっと詳しく知りたいですよね?

 

自動車保険も生命保険同様に安いモノではありません。
自分のライフスタイルにぴったりな、そして納得できる自動車保険を選ぶためにも、自動車保険を比較してみませんか?

 

“万が一”の時に後悔をしないためにも、とりあえず自動車保険も一括見積もりを利用して、複数の会社を比較検討してみてください♪

『第一生命』についても、知っておこう!

第一生命は、その名の通り生命保険を主に扱っている国内資本の保険会社です。

2018年現在、保険会社としては今回ご紹介した「損保ジャパン日本興亜」と「AFLAC(アフラック)」の2社と業務提携を結んでおり、代理で販売できる保険商品も含めると、ほぼすべての保険をカバーすることが出来るようになりました。

さて、そんな第一生命で取り扱っている自社の保険に関しても、ココで軽く触れておきましょう。

  • ジャスト……病気・ケガや死亡に備える保険
  • しあわせ物語(契約年齢 0歳~80歳向け)……個人年金保険
  • ながいき物語(契約年齢 50歳~80歳向け)……個人年金保険
  • こども応援団 Micky……学資保険
  • 第一フロンティア生命を引受保険会社とす外貨建保険 など

 

歌手で俳優のDAIGOさんが主演するコマーシャルで話題になった病気・ケガや死亡に備える保険『ジャスト』や日本でも有数の古株保険会社だからこそ安心して加入することが出来る「個人年金」など、第一生命の保険内容はどれも安心・安全で充実したモノばかり。

また第一フロンティア生命の外貨建保険なども販売しており、保険に関しては好きのない布陣となっております。
自動車保険だけでなく、生命保険や学資保険に関しても乗り換えをお考えの方は、この機会にまとめて一括見積もりを利用されてみてはいかがでしょうか?

自動車保険はしっかり比較して選ぼう!アナタが自動車保険を選ぶポイントは?

第一生命の営業マンを通じて、自動車保険の見積もりを取ることは可能です。
ただあくまで「見積もり」は「見積もり」です。

 

自動車保険の見積もりをお願いしたからと言って、必ずしもその保険に加入する必要はありません。

また第一生命の営業マンから自動車保険を紹介してもらう場合は、以下のことには十分に注意しましょう。

  • 保険料
  • 特約などの補償内容
  • その他、他社の自動車保険との違い

 

なお、自動車保険に対して「特にこれと言って……」と要望やこだわりがない場合は、“金額で選ぶ”というのも(つまり保険料の安さを優先する)というのがベターな方法です!